サービス付き高齢者向け住宅について

老人ホームを探すなかで、おそらくサービス付き高齢者向け住宅の選択肢も目に入ってくると思います。

よく「サ高住(さこうじゅう)」あるいは「サ付き」と略されて呼ばれています。

これは、介護認定なしの自立した高齢者、あるいは軽度の要介護高齢者のみが入居可能の、バリアフリー賃貸住宅のことです。

都道府県単位で認可・登録され、民間事業者などが運営しています。

生活相談員が常駐しており、入居者は安否確認などのサービスを受けることができます。

 

有料老人ホームと比較した場合、どちらかと言えば他人からの手助けを必要とせず自立した生活を送りたい方に検討してほしい選択肢の一つです。

「高齢者住まい法」に基づいて建てられているので、一般的な賃貸住宅よりも高齢者が借りやすいのもうれしいところです。

一般的な賃貸住宅の方が家賃は抑えられますが、いざというときを考え、長い目で見ればその差額も決して無駄にはならないはずです。

 

  • 入居条件

基本的な入居基準は

★60歳以上であること、

★自立している・あるいは軽度の要介護レベルであること、

★連帯保証人がいることです。

夫婦のうち片方でも当てはまれば、配偶者も同居することができます。

細かな条件は施設によって異なってきます。

 

  • 申し込み方

入居申し込みは各施設で行います。

提出物は入居申込書、本人確認書類(連帯保証人の分も必要)、収入や資産の証明書類です。

その後、面談をし、健康状態などを確認します。

審査される基準は入居予定者の自立度や介護の必要性、資産や収入額などです。

 

  • サービスについて

受けられるサービスは、入居者の安否確認と生活相談の二本柱です。

安否確認の方法は施設によります。毎回の食事などのタイミングに定期的に居室を訪問、なかには夜間にも安否確認をする施設もあります。

感知センサー、ビデオカメラなどを利用している場合もあります。

二つめの基本的なサービスは生活相談です。生活相談員が日常生活における全般的な問題を対応します。

施設によっては介護なども受けられます。

 

  • 施設の充実度

サービス付き高齢者向け住宅ではバリアフリー仕様が義務なので、一般的な賃貸住宅によくあるような小さな段差など、思わぬ事故につながるような障害物はありません。

廊下幅も78センチ以上など、有料老人ホームよりも細かく基準が設けられているので、施設の安全度は高いです。車いすの方でも安心して生活することができますね。

個室の床面積は25平方メートル以上(ただし共同生活室が広めの場合は18平方メートル以上)と決められています。そのほか台所、浴室、個別トイレが備えられており、たいていの施設では食堂やリビングも備えられています。自炊施設も食堂もある場合は、自炊をするか食事サービスを受けるか自分で決めることができます。

健康管理室・相談室や洗濯室も一部の施設では利用可能です。

 

  • 費用について

入居にかかってくる費用としては、多くの場合は初期費用(敷金・礼金)と月額費用が必要となります。

初期費用は0~数百万円、月額費用は10万~30万円と幅があります。

 

サービス付き高齢者向け住宅は新規参入も次々と増え続けているので、空き物件は見つけやすいでしょう。

ただし低価格の居室は人気が高いので早めにうまってしまいます。

サ高住は費用に併せて受けられるサービスに細かく差が出てくるので、よくよく吟味して選択したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)