さまざまな老人ホームの特徴

老人ホームには施設によって、あらゆる特徴・機能があります。

ここではそのうちのいくつかを例に挙げていきます。

 

  • ペットと一緒に暮らせる老人ホーム

一般的な賃貸住宅でもペット可の物件は限られていますが、老人ホームも例外ではありません。

しかし、どうしてもペットと離れて暮らしたくない利用者もいることでしょう。

単身での入居の場合は特に、ペットがいるかいないかで気持ちの張り合いも変わってきます。ペットが入居者の心の支えになることも多分にありますし、自分が元気でいなければこの子が心配だというモチベーションにもつながります。動物好きであればペットを見ているだけでも笑顔が増えるものです。精神的に明るくなるきっかけになります。

ペットの世話をすることで運動不足解消にもなることもメリットの一つです。

 

数は限られてきますが、ペット可の施設は存在します。

ただし多くの場合は小型犬や猫のみが許容される傾向があります。

動物が苦手な入居者に迷惑がかからないよう、ペットの有無によりフロアを分けている施設もあるので、精神的な心狭さも解消できます。ペットの予防接種も義務づけるなど、ペット自体の健康にも気を配っている施設が多数派でしょう。

 

施設のスタッフにとっても、動物と日常的にふれあうことで気持ちが安らぎ、施設全体の雰囲気が和らぐという効果もあります。

 

ある施設では、入居者(飼い主)が亡くなった場合、ペットの世話を引き受けてくれます。これなら自分亡きあと、ペットの引き取り手がいなくても安心して暮らせます。

ペットの面倒を引き受けない施設の場合は、万一を考えてペットの後見人について連帯保証人と話し合っておきましょう。

 

 

  • クリニックが併設・隣接している老人ホーム

ある施設では、地域の医療機関が併設・隣接されています。老人ホームと医療機関が協力関係にあるので入居者だけでなく、その家族も安心して生活することができます。

定期的な通院や服薬が必要な入居者にはとても便利なサービスです。

 

 

  • 広々暮らせる老人ホーム

自立していて予算に余裕がある場合は2LDKや3LDKなど、広々とした居室がある施設を利用できます。夫婦での入居先にも適当です。趣味が多く道具などを保管するスペースが欲しい方にも求められるポイントかもしれません。

 

ある施設では、それまで住んでいた自宅の売却や不要品の処分などのサポートを提供しています。

 

一つ注意点を挙げるとすれば、足腰が弱くつまずきやすい方などには広い部屋は不向きなことです。壁に手を沿わせて歩く方の場合には広い居室はむしろネックになると言えます。

 

 

  • ジムが利用できる老人ホーム

リハビリや健康増進のためにジムを併設している施設もあります。自立している入居者にはもちろん、遠出はできないけど運動はしたいという入居者には重宝でしょう。

たいていの施設では専属トレーナーが入居者に合わせた運動プログラムを組んでくれたり、危なくないようにサポートをしてくれます。したがって自分の目的やレベルにあった運動をすることができます。

体を動かすことによって気持ちも前向きになるので、無理のない範囲で運動を取り入れやすい環境に身を置くことが大切です。

自然と入居者同士でのコミュニケーションもはかどるという効果も狙えますね。

 

 

  • 温泉や露天風呂のある老人ホーム

各地有数の老人ホームでは、土地柄を活かして天然温泉が施設内で利用できます。

温泉によって効能はさまざまですが、神経痛・関節痛・冷え性などに悩んでいる方にはうれしい特徴ですね。

同じ場所にいながら毎日のように温泉旅行気分が味わえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)