軽費老人ホーム、ケアハウスについて

  • 軽費老人ホームとは

一般的な有料老人ホームと軽費老人ホームは似ているようで異なります。

軽費老人ホームは国や自治体が運営補助資金を提供し、社会福祉法人や医療法人などが経営しています。

民間企業が運営している老人ホームと比べて、軽費老人ホームは公的なカラーが強いので、より予算を抑えて利用することができます。

ありていに言えば低所得者のための施設だと言えば分かりやすいかもしれません。

 

 

  • 軽費老人ホームの分類

軽費老人ホームはA型、B型、C型と3つに分類されます。

A型は食事サービスと生活支援サービスがついています。

B型は自炊で、生活支援サービスも一部ついています。

A・B型ともに、初期費用は0~30万円です。

月額費用はA型が6~17万円、B型が3~4万円です。

A・B型では所得に応じて入居制限があり、収入や資産が少ない方ほど優先されます。

A・B型は介護などの医療ケアの機能がないため1990年以降、新設されていません。それ以降はより介護の機能に特化したC型のみが建てられています。

 

C型はケアハウスとも呼ばれます。所得制限はありませんが、入居一時金や家賃が求められます。

A型と同じく食事サービスがついています。A・B型は社会福祉法人などが経営していますが、ケアハウスは民間事業者による経営が認められています。

 

 

  • 軽費老人ホームの入居条件

家庭環境や経済状況により、家族との同居が困難であること。身寄りがないこと。

60歳以上であること(夫婦の一方が当てはまる場合、配偶者も同居可)

 

その他、施設によって入居条件は異なってきます。

 

 

  • ケアハウスには自立型と介護型がある

一般型・自立型のケアハウスでは食事や洗濯などの日常的なサポートは受けられますが、介護サービスや医療ケアには弱く、介護が必要な方には適当ではない施設です。入居時には自立していても、入居後に要介護になったり認知症になってしまった場合は退去の必要性に迫られる可能性があります。

初期費用は0~30万円、月額費用は5~20万円です。60歳以上が対象です。

 

介護型・特定施設型のケアハウスでは軽度から重度の要介護の利用者でも入居でき、住み続けることができます。要介護1以上の認定を受けた方も利用対象となります。

入浴、食事の介護、機能訓練、医療ケアのサービスが受けられます。

初期費用は0~1000万円、月額費用は5~20万円です。65歳以上が対象です。

 

 

  • ケアハウスの環境

ケアハウスは基本的に個室なのでプライバシーを維持することができます。施設によっては夫婦で一つの個室に入居できます。

居室は21.6平方メートル以上と定められており、トイレや収納、簡易キッチンなどが備えられています。

施設内はバリアフリーとなっているので車イスの方でも問題なく生活ができます。

ペットを飼いたい場合は入居時に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)