介護保険制度について

  • 介護保険制度とは

介護保険制度は1997年に制定され、2000年4月から施行された制度で、高齢者の介護を保障するために定められたものです。

高年齢化、核家族化が進むにつれ、家族単位での介護が限界に達したことで本制度の誕生につながりました。

介護保険制度制定により、国民が介護保険料を支払うことで、要介護の高齢者が1割の自己負担で介護サービスを受けられるようになりました。日本国民全員に無関係ではないと言えますね。

 

被保険者は年齢によって分けられます。

第1号被保険者 65歳以上の要介護者

第2号被保険者 40歳以上65歳未満の要介護者

 

 

  • 利用するには(要介護認定の受け方)

介護保険制度を利用するためには要介護認定を受ける必要があります。

 

要介護認定申請時に必要なものは以下の通りです。

 

☆「介護保険要介護認定・要支援認定申請書」

市区町村の介護保険課窓口か地域包括支援センターで直接入手できます。

あるいは市区町村のホームページからダウンロードできます。

記入事項は申請者、被保険者の氏名、住所、生年月日、保険証の番号などです。

通院している場合は病院名や主治医の氏名も記入します。

 

☆主治医の意見書

主治医がいない場合は市町村が医師を指定します。指定の医師の診察を受ける必要があります。

 

☆印鑑

本人またはその家族が申請者でない場合に必要です。

 

☆介護保険被保険者証(65歳以上の場合)

☆医療保険証(40歳から64歳までの場合)

 

 

申請後、役所の担当者かケアマネージャーが訪問調査に来ます。

本人だけでなく、必ず家族も同席しましょう。ついできないこともできると言ってしまう高齢者は少なくないからです。そのような場合、家族は本人の前で訂正するのではなく、本人が席を外した時を見計らって、担当者に事実を伝えましょう。そうすることで正当な認定を受けるのに役立ちます。

 

調査項目は以下の通りです。

☆基本動作、起居動作機能のチェック

…関節可動域の制限の有無、寝返り、起き上がり、座位保持など

☆生活機能

☆認知機能(記憶力、意思疎通のレベルチェック)

☆社会的行動

…問題行動の有無(所持品を盗まれたなどの被害妄想、作り話を事実のように言いふらす、幻覚幻聴、情緒不安定、深刻な物忘れ、排泄物をもてあそぶなどの不潔な行動、盗み、暴言・暴行、迷子になるなど)

☆社会生活への適応

☆特別な医療が必要かどうか

 

提出物や訪問調査の結果に基づいて、有識者による介護認定審査会が開かれます。

☆基本動作・起居動作機能

☆直接生活介助(入浴、排泄、食事などの介護)

☆間接生活介助(洗濯、掃除などの家事手伝い)

☆問題行動関連行為(徘徊探索、不衛生な行為の後始末など)

☆機能訓練関連行為(歩行訓練や日常生活訓練など)

☆医療関連行為(輸液管理、床ずれの処置など補助)

 

これら介護レベルや認知症の度合いにより、自立レベル(非該当)、要支援、要介護(1~5)のいずれかに認定されます。

 

 

  • 介護保険適用サービスについて

要介護認定を受けたら介護保険適用サービスが受けられます。

厚生労働省は介護保険適用サービスを7つに分類していますが、主要となるものは3つです。

その3つとは、居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスです。

 

★居宅サービス … 自宅で受けられる介護サービスです。

12種類のサービスに分類されます。

 

☆訪問介護

ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴や排泄などの介護や、掃除洗濯、調理などの世話をしてくれます。

 

 

☆通所介護

通称デイサービスです。要介護者がデイサービスセンターに通い、入浴の手助けを受けたりリハビリを受けたりできます。

 

☆居宅療養管理指導

医師、歯科医師、歯科衛生士、薬剤師、管理栄養士など医療のプロが自宅訪問し、療養上の管理や指導をします。

 

他のサービスは以下の通りです。

☆訪問入浴介護

☆訪問看護

☆訪問リハビリテーション

☆通所リハビリテーション

☆短期入所生活介護

☆短期入所療養介護

☆特定施設入居者生活介護

☆福祉用具貸与

☆特定福祉用具販売

 

介護保険適用内で購入・レンタルできる商品は、介護において必要最低限の物のみです。

購入できる商品は5種で、腰掛け便座、特殊尿器、入浴補助器具、簡易浴槽、移動用リフトつり具が該当します。

レンタルできる商品は13種類です。車イス、車イス付属品、介護ベッド、介護ベッド付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助杖、徘徊感知器、移動用リフト、自動排泄処理装置が該当します。

 

★施設サービス … 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設のいずれかに入居した高齢者が受けられるサービスです。

 

☆特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

常時介護を必要とする寝たきりや痴呆の方などが介護や訓練を受けることができる施設です。

 

☆介護老人保健施設

病状が安定した方のための施設です。リハビリを中心としたサービスを受けながら、自宅へ戻れるように目指します。

 

☆介護療養型医療施設

急性疾患の病状が安定した方のための施設であり、長期にわたった医療サービスが受けられます。

 

 

★地域密着型サービス … 高齢者が地元で生活し続けられることを目指した制度です。10種類のサービスに分類されます。

 

☆小規模多機能型居宅介護

利用者の健康状態や希望に応じ、通いを中心としながらも訪問や泊まりも利用できます。

 

☆夜間対応型訪問介護

定期巡回の訪問介護サービス、希望に応じた随時の訪問介護サービス、通報に対応するオペレーションサービスを組み合わせた助けを受けることができます。

 

☆認知症対応型通所介護

認知症の方が通える、少人数制の施設です。介護や機能訓練を受けることができます。

 

他にも以下のサービスがあります。

☆定期巡回・随時対応型訪問介護看護

☆地域密着型通所介護

☆療養通所介護

☆認知症対応型共同生活介護

☆地域密着型特定施設入居者生活介護

☆地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護

☆複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)